platinum-residents - ホテルの便利な活用術 -

プラチナレジデンツとして、便利でお得なホテルの利用方法、滞在記をご紹介します。

ヒルトン大阪の宿泊記⑤ インタビュー編

ヒルトン大阪の宿泊記⑤ インタビュー編

 

こんにちは。

 

プラチナレジデンツです。

 

前回はヒルトン大阪お部屋ラウンジ朝食その他の設備ついてレポートしましたね。

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

今回はヒルトン大阪のホテルの方に、インタビューした内容をご紹介しようと思います。

 

ヒルトン大阪では、宿泊管理部次長の井関さんにお話をお伺いしました。

 

ヒルトン大阪はどういうホテルになりますか?

ヒルトン大阪は、大阪で外資系のホテルとして、一番古いホテルとなっています。1986年から営業を開始しており、もう34年経過しております。


そういった外資系ホテルとしては、長い歴史の中で、オープン当時から残っているスタッフもおりますので、昔からの伝統とか文化というのがチームメンバー内で築かれていると思っています。

 

新人もどんどん入ってきてはいるんですが、先輩から新人へ、そういった伝統とか昔から大切にしてきたことを申し送りしながら、時代に合わせてお客様のニーズも変わってまいりますので、それに合わせた形でサービスを提供しております。

 

そういった意味では、日本初進出という海外のブランドも幾つかありますけど、そういったものとは違うのではないかと思っています。」

 

ちなみに、今のお話で話されていた、ヒルトン大阪の伝統とか昔から大切にしているものというのは、どういったものになりますか?

「そうですね。
大切にしているものというのはお客様の満足度というのが、安全で安心してご滞在していただける空間を提供するのが私たちの務めですので、そういったものが大事なものですね。


あと、個人的には、我々チームメンバーたちがハッピーな状態でないと、お客様に元気を伝えることができないと思っていますので、私個人としては、まずはチームメンバーに元気になってもらって、お客様にも快適にご滞在いただいて、そのお客様がまたこちらに戻ってきていただくことによって、ホテルのビジネスとして良いサイクルって言いうのを続けて行ければと考えています。」

 

チームメンバーに満足してもらうために、具体的にはどんなことをされてるんでしょうか?

「こちらのレーニンを希望する新人スタッフがありますが、ホテルの中では、よくヒルトン学校と言われるように、他のブランドに行ったスタッフからも、ヒルトンにいたときの方がトレーニングの環境が整っていたという話をよく耳にします。

 

そういう意味では新人のスタッフも安心して学んでいけるような環境だと思っておりますのと、あとは、チームメンバーに対する認識、声掛けですとか、普段のコミュニケーションを密にすることというのが、大切かなぁと思っています。


もし、何か失敗した時にはフォローアップ、成功した時には「良くやったね。」というのはメールなどのツールを使ったりとか、シフトのブリーディング時に発表してモチベーションを高めてもらうとか、そういったことをやっています。」

 

それによって、スタッフから良い評価は返ってきてるんですかね?

「そうですね。毎年、チームメンバーの強化週間というのも行っておりまして、2か月くらいの期間に頑張ってるメンバーを認識しようというキャンペーンも行っておりますし、世界的にヒルトンはございますが、グローバルウィークというのもあり、例えば、この週はハウスキーピングのスタッフに注目しようとか、そういったものがあります。」

 

なかなか面白い取り組みですね。それは各ホテルごとにではなく、日本で行われているということですか。

「いえ、世界です。」

 

それでは、ヒルトン大阪独自で行われているというものは特になく、グローバルな視点で行われている感じなんでしょうか?

「先ほど申し上げた2ヶ月くらいのレコグニションしましょうというキャンペーンも世界的に取り組んでいることになります。」

 

ヒルトン大阪として何か特徴があったりはしますか?

「グループで動いていて、ブランドスタンダードというのがどこでも同じものを提供しようという信頼にもつながりますので、足並みをできる限り揃えるということが、ひとつの強みなんじゃないかなと思っています。」

 

逆に、地域の特色とかを出さないのがヒルトン流ということなんですかね?

「特色を出さないのがヒルトンではないんですけど、ただ、大阪だけでやっていることと言えば、例えば、グローバルでやっていることが、大阪ではちょっと形を変えているとか、少しの違いというのは出ていると思います。」

 

ヒルトン大阪ならではの特色と言うか、ここを見てほしいというアピールポイントはありますか?

ヒルトン大阪らしいところは、文化伝統がチームメンバー内に根付いているので、そのスタッフたちが醸し出す雰囲気というのが大阪らしさだと思います。

あまりホテルマン、ホテルマンしておらず、少しくだけた会話などもお客様と楽しませていただいているという点においては、お客様からのフィードバックでいただきますけれど、他の土地でホテルに泊まるよりも、大阪は適度にリラックスした会話を楽しむことが出来るというお声を頂戴することがあります。」

 

そうですね。やっぱり、大阪ならではの人懐っこさと言うか、程よい距離感が格式ばったホテルでもよそよそしくないと認識されてるんだと思うんですが、最近、大阪もけっこうホテルが増えてきてるじゃないですか。そういう中で、ヒルトン大阪はどういった位置づけで考えてらっしゃるんですか?

「うーん、逆にお客様から見てヒルトン大阪はどういう位置づけになりますか?」

 

そうですねぇ。やはり、古くからあるので、新しいホテルとは違って伝統があるというイメージと、最近、大阪にもラグジュアリーなホテルっていくつか出てきてると思うんですけど、そういったところとは、また少し違うという感じですね。

他にも同じようなクラスのホテルはいくつかあると思うんですが、他のホテルとは違う差別化みたいなものはありますか?

 

f:id:liberty_residents:20210214210053j:plain

コンラッド大阪

https://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/kansai/conrad-osaka


 

ラグジュアリーと申しますと、シスターホテルのコンラッド大阪が700 M 先にありますので、方向性としては、コンラッド以上のラグジュアリーというのは、なかなか難しいですね。

ただ、コストパフォーマンスを考えたフルサービスという形で、お客様にはご満足いただけるようなサービスを心がけています。

後は、一昨年に改装させていただいた、こちらのエグゼクティブラウンジとかエグゼクティブフロアのご利用時のご満足というのを私どもとしては自信を持ってご案内させていただいています。」


ヒルトン大阪自体が30年経っているということで、建物が古くなっていると思うんですが、改装自体は頻繁なペースで行われているんですか?

「そうですね。改装自体がマスタープランと呼ばれている、客室階レストラン宴会場、ちょうど2020年の6月に終わったフィットネスセンターの改装ということで、今年、全ての改装が完了したということになります。

エグゼクティブラウンジも元々32階にご用意していたんですが、お客様のエグゼクティブラウンジに対するニーズが年々増えてきて、場所自体がそんなに大きくなかったので、大きなエグゼクティブラウンジということで、こちらの3階に移ってきて、2018年にリニューアルオープンいたしました。」

 

結構、高層階の方が景色が良かったという話も聞くんですが、やはり場所が小さいとなかなか入れなかったり、待ち時間が長くなったりということが多くなると、利便性が良くないのかもしれませんね。
3階になって場所が広くなったぶん、人は多く入れるようになったとは思うんですが、その分、運用が大変だったりはしないんですか。

「もちろん、その分のスタッフは揃えておりますので、そこは大丈夫です。また、3階の場所にあるというのも、元々32階にあった時はオードブルなど追加の補充があった時の導がすごく時間がかかって、お客様をお待たせすることになったということもございましたが、その時間の短縮にもつながりました。」

 

 

f:id:liberty_residents:20210101233123j:plain

エグゼクティブラウンジ


なるほどそういう経緯もあったんですね。でも、開放的な感じで広くて良いですよね。
「光がすごく入ってきて、眺めも決して悪くない、素晴らしい眺めになっているんじゃないかと思っています。」


今は昼間は営業されてないんですよね。今後、通常運用に戻す予定というのはあるんでしょうか。

「2019年は素晴らしい年になりましたが、2020年はこういう状況ですので、少しでも早く2019年に近づけるようになってほしいなと思っています。このエグゼクティブラウンジフルサービスという形で、早くご提供させていただきたいという風には思っています。」


それは宿泊の稼働率に応じて、営業するかどうかというのは考える、ということでしょうか。それともコロナの対策ということでしょうか。

「コロナの状況もありますし、どちらも含めてということになります。ご朝食に関しましては、やはり、60%、70%になって参りますと、2階のフォルクスキッチンでは行列ができてしまうという状態になります。そういった場合は、エグゼクティブラウンジも朝食は開けざるを得ない、という状況の時は開けさせて頂いています。
先ほどおっしゃっていただいたように、Gotoトラベルで流れとしては、一時的に週末にたくさんご利用頂いておりますが、平日になりますと、どうしても4月、5月の底の状態からは抜けてはいるんですけれども、それでも、やはり平日に関しては昨年とは比べ物にならない状態になっていますので。。。
ですので、まずは一番古くから開業させていただいているホテルとして、存続することが第一と考えています。」


ちなみに、ヒルトン大阪は去年までは、インバウンドの割合というのは結構高かったんですか?
「去年までは、インバウンドとは区切ってはいないんですが、日本人と海外のお客様の割合としては、6割強が海外のお客様でした。その中には、もちろんビジネスのお客様も含まれています。」


そうすると海外からお客様が入ってこないということは、その6割と言うか半分ぐらいはストップということになりますね。それじゃ、やっぱり海外からお客様が来ないとなかなか厳しいですね。

「そうですね。どこも厳しいと思います。」


ちょっと他のホテルで聞いた話だと、『Gotoトラベルが始まって人が増えてきたんですけれども、エグゼクティブラウンジを利用するお客様が増えてきたわりに、一般のお客様があまり増えないので、キャパとしてラウンジが密になってしまって、なかなか対応が追いつかない。』という話をされていることもあったんですが、ヒルトン大阪はそういった割合的にはどんな感じなんでしょう?

「やはり、お客様の動向と致しましては、ラグジュアリーなホテルに結構需要が高まっているという風にお伺いしています。ですので、シスターホテルのコンラッド大阪の伸び率が非常に高くなっています。ヒルトン大阪でもエグゼクティブラウンジ、エグゼクティブフロアの利用が多くなっていますね。やはり、その方がGotoトラベルを使った時のお得感がありますし、なので、それは事実だと思います。」


それでは、やはり一般のフロアのお客様よりもエグゼクティブフロアのお客様が増えてくるので、バランスが崩れているという感じですかね。それは平日も週末も同じような感じなんですか?

「そうですね。あとはスイートルームなんかも……」

 

東京とか沖縄とかだと、すごい行列でチェックインに何時間も待つとか、朝食も6時半からなんですが、6時40分ぐらいに行ったら、すでにすごい行列ができている、という話も聞くので、やはり場所によって集中しているのかもしれませんね。
客の方はそういったわけで色々人が増えているんですが、スタッフの方はなかなか人が増やせないので、サービスが雑になっていたり、もうリピートはしないとという意見もチラホラと聞くことがあり、結構そのバランスが難しいとは思うんですが、ヒルトン大阪はそういうことはないでしょうか?

「それはもう、どこのホテルもそうだと思います。政府からの補助も頂いて、自宅待機しているスタッフもいるでしょうし、その中でビジネスに合わせて適正な人員を配置するということをどこもやられていると思います。最近の傾向といたしまして、当日にご予約されるお客様の割合というのが、昔に比べてすごく多いので、我々もなかなかビジネスを予測しきれないところがあるんです。例えば、1日に朝から晩までで変わる客室の販売状況というのが、40件以上あったりするんです。例えば、その40件が全てエグゼクティブフロアになった場合、やはり、そちらのオペレーションも変わってきますし、私どもも勉強しながら慣れていかないといけないということだと思います。」


当日にそれだけ動くというのは、何か理由があるんでしょうか?

「どうなんでしょうか。それが私共も読みきれないところなんです。Gotoトラべルを使えば、例えば、県外からお越しのお客様というのは、とりあえず大阪に行こう、と大阪にいらっしゃって、宿はいつでも決めれるというような考えなのかもしれないです。
このような状況ですから、ホテルが取れないということはまずないと思うんですね、ホテルさえこだわらなければ。」


なるほど。では、当日になってキャンセルという話もあるんですか?

「そのキャンセルもあるんですけども、そんなに多くはないですね。」


キャンセル料の関係とかもあるんですかね。

「それもあるかもしれませんね。」

 

じゃあ、どちらかと言うと、飛び込みで入ってくる方が多いということなんですね。

ヒルトン大阪は長く営業されているようですが、お客さんの層というのは変わってきていますか?

「そうですね。やはり時代と共に変わっていくものだと思っています。昔はラグジュアリーホテルというのはリッツカールトンぐらいだと思うんですね。今ではセントレジスとかコンラッド大阪、本町の方にできるW とか、そういったラグジュアリーの所が増えるに従って、ヒルトン大阪にいらっしゃっていたラグジュアリー志向の方というのが、そっちに流れて行っているということはあるかもしれないです。」


こちらはビジネスの方が多いんですかね?

「そういう意味では、昔の方がビジネスのお客様が多かったです。今はレジャーのお客様の方が多いですね。」


ツアーなどで利用するというイメージはあまりないんですけれど、どちらかと言うと個人で利用されるという感じですか?

「そうですね。個人のレジャーのお客様が多いですね。」


これからは、ホテルとしてどういった人に利用してもらいたいとかっていうのはあるんですか?

「そうですね。やはり、フルサービスという我々のサービスで良いところは、ラグジュアリーのお客様からコストパフォーマンスを考えていらっしゃるお客様全てを満足させて頂ける可能性があるホテルだと思うので、来ていただけるならどなたでもお待ちしております。」

 

ヒルトン大阪はご家族ですとか、小さなお子様連れのファミリーとかの利用も多いんですか?

「いらっしゃいます。もちろん、シーズンにもよるんですけれども、お盆やお正月とか、この間のシルバーウィークもかなり多くのご家族の方がいらっしゃいました。」


改装も全て終わったという話だったと思うんですが、もし、今からまたどこか変えるとしたら、どこを変えてみたいとかありますか?

「7階にチャペルがございまして、アクアゴールドチャペルという中庭があるような綺麗なチャペルなんですが、7階にはフィットネスセンターもございまして、それが同じ階にあるとの事っていうのが、何か変えれないかなというのは常々思っているんですけれども。。。

後は改装したばかりですので、今すぐにここをというのは浮かびませんけれど。。。

インバウンドのお客様が多かった時っていうのは、荷物とかチェックアウトした後にお土産とか観光に行かれるということが多かったんです。お荷物置き場があるんですけれども、やはり、それは34年前のサイズになっているので、今では荷物置き場が小さいんですね。そこをもう少し大きくするべきだなと思っています。ただ、大きくしても2019年までのレベルに達するまでに、どれくらいかかるかというのは誰にもわからないことだと思いますので。。。」

 

f:id:liberty_residents:20210103214629j:plain

アクアゴールドチャペルとフィットネスセンター


今までは旅行と言うとレジャーが中心だと思うんですが、これからはホテルに滞在して非日常の体験をしたいと言うホテルステイの考え方も増えてくると思うんです。ヒルトン大阪として何かこういった体験ができるとウリはあったりしますか?

「ステイホームというのが言われる中で、例えば記念日をホテルの中でゆっくり過ごしていただくというアニバーサリープランというのがございまして、ルームサービスでご朝食を召し上がっていただくとか。そういったプランはご提供がございます。」


これからホテルステイを楽しむというお客様も増えてくると思うんですが、どのホテルを選ぶかって言うのをお客様が考える際に、このホテルを選ぶ理由と言うか特色っていうのがあった方が選びやすいと思うんです。そう言った意味でこのホテルのアピールポイントというのはありますか?

「他のホテルを意識して、このホテルにはこういったものがあります、というのはすぐには思い浮かばないですけれども。マーケティングコミュニケーションとかでしたら、何かフレーズを持っているかもしれませんけれど、オペレーションをする側と致しましては、先ほど申し上げた長年培ったノウハウですとか、ヒルトン大阪何の文化ですとか、やはりホテルごとにスタッフの雰囲気というのが違うと思うんですね。なので、10人のお客様に『ヒルトン大阪ってどういうところ?』と聞いた場合に、10人とも違う可能性がありまして、なので、私どもからこれが違うんですっていうのは、今は思い浮かばないです。」


そうすると、新しいお客様というよりも、一度いらっしゃったお客様に満足して、また来ていただくということですね。

それはホテルとして、頑張らないといけないところだと思います。ファンになっていただくということですね。」


つまり、Gotoトラベルを使って、普段こちらに来られないようなお客さんがいらっしゃった時に、サービスとか設備などを色々体験してもらって、気に入ったから、また、何かのタイミングで来ようという、リピーターを増やして行くというイメージですかね。
他に何かメッセージとして伝えたい事ってありますか?

「コロナで大変だとは思いますけれども、やはり、息抜きというのは皆さん必要だと思いますので、是非、息抜きにいらしてください。」

 

お忙しいところ、ご対応いただき、ありがとうございました。

 

 2020年11月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルトン大阪の宿泊記④ 設備編

ヒルトン大阪の宿泊記④ 設備編

 

こんにちは。

 

プラチナレジデンツです。

 

前回はヒルトン大阪お部屋ラウンジ朝食ついてレポートしましたね。

  

platinum-residents.hateblo.jp

 platinum-residents.hateblo.jp

  

platinum-residents.hateblo.jp

 

今回はヒルトン大阪のその他の設備についてレポートします。

 

フィットネス

 

まずは、運動できるスポーツジムについてです。

 

f:id:liberty_residents:20210103214629j:plain

ヒルトン大阪 フィットネスジム

 ヒルトン大阪のフィットネスセンターは7階にあります。

 

 

f:id:liberty_residents:20210103214805j:plain

ヒルトン大阪 フィットネスジム

ジムは 24時間利用できますが、プール・サウナの利用が終わる21時45分から翌朝の6時45分までの間、スタッフは常駐していません。

 

f:id:liberty_residents:20210123204709p:plain

ヒルトン大阪 フィットネスジム

https://osaka.hiltonjapan.co.jp/facilities/fitness_center

フィットネスジム内は撮影禁止なので、写真は公式ホームページより。

一通りのマシンやダンベル、エアロバイクやランニングマシンもありますよ。

 

 

f:id:liberty_residents:20210123204811p:plain

ヒルトン大阪 プール

https://osaka.hiltonjapan.co.jp/facilities/fitness_center

プールは3コースですが、プールの横にはジャグジーもありますよ。

他にバスルームもあり、中にはサウナもありました。お風呂上りにはちょっとしたラウンジもあり、ゆっくり休憩できますよ。

 

 

トイレ

 

まずは、ラウンジのある3階のトイレです。

f:id:liberty_residents:20210103215055j:plain

ヒルトン大阪 3階のトイレ

エレベーターホールのすぐそばにトイレがあります。

 

f:id:liberty_residents:20210103215134j:plain

ヒルトン大阪 3階のトイレ

明るくて清潔なトイレですよ。

 

 

f:id:liberty_residents:20210103215259j:plain

ヒルトン大阪 1階のトイレ

こちらは1階のトイレです。

 

f:id:liberty_residents:20210103215338j:plain

ヒルトン大阪 1階のトイレ

3階のトイレとは洗面台の位置が逆になってますね。

 

 

エレベーターホール

 

f:id:liberty_residents:20210103215412j:plain

ヒルトン大阪 エレベーターホール

 

 ヒルトン大阪のエレベーターホールは、円形の独特の形状になってますね。高層のホテルですが、エレベーターの数が多いので、わりと早く到着しますよ。

 

 

 

ヒルトン大阪のその他の設備

フィットネスセンター(7F)

7階にあるフィットネスセンターには、明るい雰囲気の屋内温水プール、最新スポーツ器具を備えたジム、その他サウナ、マッサージ・エステティックの設備が整っております。ご宿泊者は、ジム、サウナ、屋内温水プールを無料でご利用いただけます。

営業日
  ・無休

営業時間
ジム 24時間(21:45~6:45間のスタッフの常駐はございません。)
プール・サウナ 6:45~21:45

ジム
 クロストレーナートレッドミル、エアロバイク、ダンベルなどを完備。
  ※16歳未満のお子様は、ジム・サウナをご利用いただくことができません。

プール
  屋内温水プール。プールサイドにジェットバスもございます。
  ※12歳までのお子様はプールのみ保護者同伴でご利用いただけます。

サウナ
  男性用と女性用のサウナ室内には、各々サウナのほかに浴室、ラウンジ、ロッカールーム、化粧台がございます。

フィットネスセンターご利用料金
  ご宿泊のお客様は、ジム、サウナ、屋内温水プールを無料でご利用いただけます。


会議・宴会施設
国際会議用の同時通訳設備、最新AV装置を備えた大中小宴会場をそろえております。1,000名様収容の5階大宴会場「桜の間」をはじめ、4階には500名様収容の「金の間」、240名様収容の「真珠の間」、また3階には120名様までご利用いただける小宴会場がございます。

 

婚礼施設
アクア・ゴールドチャペル(7F) 、神前結婚式場、写真スタジオ、衣裳室、美容室

 

フランソワーズモリス本店 リラクゼーションサロン
モリス式ソワンの高度なテクニックと医学的な深い理論は、長年にわたりパリ各界の一流の女性たちから支持を受け続け、世界各国で認められています。確かな技術をもつセラピストによるトリートメントで極上のひとときをお楽しみくださいませ。

営業時間:10:00~22:00 ※当面の間10:00~19:00までの営業となります。
定休日 :12月31日 元日
場所  :ヒルトン大阪22F 2226号室

 

 

 

 

 

ヒルトン大阪の宿泊記③ 朝食編

ヒルトン大阪の宿泊記③ 朝食編

 

こんにちは。

プラチナレジデンツです。

 

前回はヒルトン大阪のお部屋エグゼクティブラウンジついてレポートしましたね。

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

  

今回は、ヒルトン大阪の朝食について、ご紹介しようと思います。

 

 通常はエグゼクティブラウンジでも朝食として、コンチネンタルブレックファストが提供されているのですが、現在はエグゼクティブラウンジのオープン時間が15時からとなっているので、2FのFolk Kitchen(フォルクキッチン)で食べることができます。

 

 

f:id:liberty_residents:20210103212908j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチン

フォルクスキッチンの入り口です。秋だったので、紅葉もディスプレイされてました。

 

f:id:liberty_residents:20210103213117j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチン

レストランの中はわりとゆったりしています。

 

f:id:liberty_residents:20210103213747j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチン

こんな感じでセッティングされています。

 

f:id:liberty_residents:20210103213229j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのパン

ベーカリーの種類も豊富ですよ。

 

f:id:liberty_residents:20210103213304j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのサラダ

サラダなどの冷菜コーナーです。

 

f:id:liberty_residents:20210103213413j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのちらし寿司

フォルクキッチンではちらし寿司もありました。他にも温泉卵や湯豆腐などが並びます。

 

 

f:id:liberty_residents:20210103213516j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのデザート

デザートコーナーのフルーツやヨーグルトなど。

 

f:id:liberty_residents:20210103213616j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのソフトドリンク

オレンジジュースやトマトジュース、野菜ジュースなどのカラフルなジュースとデトックスウォーターなど。

 

f:id:liberty_residents:20210103213713j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのホットミール

こちらはホットミールコーナーです。

 

f:id:liberty_residents:20210103213822j:plain

ヒルトン大阪 フォルクキッチンのオムレツ

オムレツはこんな感じで作ってもらえました。フワトロでとっても美味しかったです♪




 

Folk Kitchen(フォルク キッチン)
誰もが気軽に集まれる場となるように、家族や仲間を意味するFOLKを店名にしたスタイリッシュなダイニング。

営業時間
当面の間、営業時間は下記の通り変更いたします。
朝食> 平日 6:30~10:00 土日祝 6:30~10:30
ランチ> 11:30~14:00
デザートビュッフェ> 15:00~16:30
ディナー> 17:30~21:00

朝食 月–金 6:30~10:00 / 土、日、祝 6:30~10:30
ランチ 月–金11:30~14:30 / 土、日、祝 11:30~14:00
ティータイム 月–金15:00~16:30 / 土、日、祝 (2部制) 14:30~16:00/16:30~18:00
ディナー 月–金 17:30~21:30 / 土、日、祝 18:30~21:30
※2部制などの日程は、営業時間が変更の場合がございます。

席数 116席
店舗の特徴
食事】 ビュッフェ・食べ放題がある/サラダビュッフェ/朝食ビュッフェあり/デザート充実/アラカルトメニューあり/オープンキッチンスタイル
飲み物】 ワインメニューあり/焼酎あり
空間】 大人数でもOK/アットホームな空間
用途】 知人・友人と/デートに使える/飲み会・パーティ/家族で楽しめる/誕生日・記念日に使える

.

マイプレイス カフェ&バー
自宅と職場の次に居心地のよい自分の居場所「マイプレイス カフェ&バー」。

営業時間 当面の間、営業時間は毎日 9:00~21:00 に変更いたします。
また、期間中に夜のライブ演奏はございませんのでご了承ください。

日曜~木曜> 9:00~24:00
ラストオーダー:お食事22:00、お飲み物23:30
ライブ演奏:20:00~23:00

金曜、土曜、祝前日> 9:00~24:30
ラストオーダー:お食事22:00、お飲み物24:00
ライブ演奏:20:15~23:30

席数 89席
店舗の特徴 カフェ・バー / アフタヌーンティー / お子様可

 

川梅(かわうめ)
水の都・大阪を流れる川と梅田の地名から名付けた日本料理店。

当面の間、営業時間は下記の通り変更いたします。
ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:30~21:00

営業時間 ランチ 11:30–14:30
ディナー 17:30–21:30

58席(懐石 36席 / 鮨 17席 / 酒バー 5席)
個室 あり
店舗の特徴 【食事】 和食/懐石・鮨/コースあり/ランチメニューあり/ご褒美ランチ
飲み物】 ワインメニューあり/日本酒あり/焼酎あり/酒バーカウンターあり
空間】 少人数でもOK/落ち着ける空間/和モダンラグジュアリーな空間
用途】 家族で楽しめる/接待に使える/デートに使える/誕生日・記念日に使える


CENTRUM(セントラム
レストランフロアの中心に位置し、セントラムラテン語で中心の意味)から名づけられたワインを充実させたグリルダイニング

当面の間、営業時間は下記の通り変更いたします。
ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:30~21:00

営業時間 ランチ 11:30–14:30
ディナー 17:30–21:30

席数 80席(テーブル席 64席、ワインルーム 16席)
個室 あり
店舗の特徴食事】 グリル料理/コースあり/ランチメニューあり/ご褒美ランチ/ライブキッチン
飲み物】 ワインメニューあり/ソムリエがいる/焼酎あり
空間】 大人数でもOK/少人数でもOK/シックな空間/プライベート空間
用途】 知人・友人と/接待に使える/デートに使える/誕生日・記念日に使える

 

傳火(てんか)
関西で育まれた鉄板焼スタイルを通じて地元の食を豊かに表現し、火の調理が生むおいしさを語り伝えることをコンセプトにしたモダン鉄板焼

営業時間

当面の間、営業時間は下記の通り変更いたします。
ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:30~21:00

ランチ 11:30–14:30
ディナー 17:30–21:30

席数 32席(鉄板焼テーブル席 26席 / セミプライベートルーム 6席)
店舗の特徴食事鉄板焼/鉄板焼カウンターあり/専属シェフ/コースあり/ランチメニューあり/ご褒美ランチ/デザート充実
飲み物】 ワインメニューあり/日本酒あり/焼酎あり
空間】 少人数でもOK/コンテンポラリーモダンな空間
用途】 接待に使える/デートに使える/誕生日・記念日に使える

 

 

 

 

 

ヒルトン大阪の宿泊記② ラウンジ編

ヒルトン大阪の宿泊記② ラウンジ編

 

こんにちは。

プラチナレジデンツです。

 

前回はヒルトン大阪アップグレードしてもらったお部屋ついてレポートしましたね。

 

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

 今回はヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジについて、御紹介しようと思います。

 

f:id:liberty_residents:20201231220403j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジ


 

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジは32階から3階に移動していますが、現在、新型コロナウイルス感染症への対応策のため、営業時間を短縮しています。

現在の営業時間は15:00~21:00となっていて、朝食は2F Folk Kitchen(フォルクキッチン)にて提供されています。

 

f:id:liberty_residents:20210101233123j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジ

 

午後3時00分~午後5時30分アフタヌーンティータイムです。スイーツやサンドイッチなどのアフタヌーンティーを楽しめます。

 

午後5時30分~午後7時30分イブニングカクテルです。アルコール類とオードブルなど軽食が提供されますよ。

 

アフタヌーンティータイム

f:id:liberty_residents:20201231220620j:plain

ヒルトン大阪 アフタヌーンティータイム

アフタヌーンティータイムにはスイーツとサンドイッチが並びます。
 

f:id:liberty_residents:20201231220810j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのスイーツ

 

チョコレートロールケーキアーモンドプラリネとスイートポテトキャラメルプディングです。

 

f:id:liberty_residents:20201231220929j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのスイーツ

コーヒーゼリーオレンジクリームとキャラメルチェスナッツムースです。

 

f:id:liberty_residents:20201231221429j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのサンドイッチ

タマゴ、キュウリ、チェダーチーズのサンドイッチです。

 

f:id:liberty_residents:20210101203836j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのスイーツ

スパイシーミックスナッツと海老せんと3種類のクッキー

 

f:id:liberty_residents:20210101203933j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのソフトドリンク

ソフトドリンクはお水とオレンジジュース、アップルジュース、グレープフルーツジュース、ミルクとアイスコーヒーがあります。

 

f:id:liberty_residents:20210101204454j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのコーヒーマシン

f:id:liberty_residents:20210101204746j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのホットドリンク

コーヒーマシンでは、各種コーヒーの他にホットチョコレートの飲めますよ。

 

f:id:liberty_residents:20210101204852j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジの紅茶

紅茶やハーブティーの種類も結構豊富ですよ。

 

f:id:liberty_residents:20210101205106j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのフルーツ

フルーツは頼めばカットして持ってきてくれます。

 

 

イブニングカクテルタイム

 

f:id:liberty_residents:20210101210013j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのオードブル

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジのカクテルタイムでは、野菜スティックやプチトマトなどのサラダやチーズ、カモ肉などのオードブルの他に、カットフルーツやケーキ、ホットミールやスナックもありましたよ。

 

f:id:liberty_residents:20210101210108j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのオードブル

各種チーズとカモ肉のオードブル

 

f:id:liberty_residents:20210101210153j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのカクテルタイム

他のオードブルとカットフルーツ

 

f:id:liberty_residents:20210101210248j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのホットミール

チョコレートケーキとアップルパイ、ホットミール奥に見えるのはスナックです。

 

f:id:liberty_residents:20210101210408j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのアルコール

各種のウイスキーやリキュール

 

f:id:liberty_residents:20210101210455j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジの赤ワイン

赤ワインは常温で

 

f:id:liberty_residents:20210101210556j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのス白ワイン他

白ワインと日本酒、スパークリング.ワインはよく冷えていました。

 

f:id:liberty_residents:20210103212243j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジのオードブル冷蔵庫

冷蔵庫には炭酸飲料の他に、ビールとグラスも冷えていますよ。

 

次回はヒルトン大阪の朝食についてレポートしますね。

 

 

 

ヒルトン大阪 エグゼクティブラウンジ
「モダンリビング」がコンセプトのエグゼクティブラウンジは、まるで自宅のリビングでくつろいでいるような居心地の良さを感じていただけます。窓から広がる西梅田の景色を眺めながら、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

 

エグゼクティブフロアおよびスイートルームにご滞在のお客様は、専用ラウンジにてお待ちいただく事なくチェックイン・チェックアウトのお手続きをいただけ、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルを無料でお楽しみいただけます。また、常駐のゲスト・リレーションズ・オフィサーが、極め細やかなサービスでお客様のご滞在をサポートいたします。

 

場所】3階


営業時間】当面の間、営業時間は下記の通り変更いたします。
15:00~21:00 エグゼクティブラウンジオープン
朝食は2F Folk Kitchen(フォルクキッチン)にてご提供いたします。

※全席禁煙


ドレスコード】スマートカジュアル


設備詳細】・無料飲食サービス
お食事、お飲物は無料でご利用いただけます。ごゆっくりお寛ぎください。

・ご朝食 6:45〜10:30
ラウンジでのご朝食は、コンチネンタルブレックファストをご用意しております。

 

アフタヌーンティー 15:00〜17:30
シェフ自慢のスイ-ツなどのアフタヌーンティーをご用意しております。

 

・イブニングカクテル 17:30〜19:30
ご夕食前のワイン、スパークリングワイン、オードブルなどをご用意しております。

 

・お飲み物サービス 終日

 

・ラウンジ内では無線インターネット接続可能(無料)

 

 

 

 

 

 

 

ヒルトン大阪の宿泊記① お部屋編

ヒルトン大阪の宿泊記① お部屋編

 

こんにちは。

プラチナレジデンツです。

 

ヒルトン大阪宿泊してきましたので、今回はその滞在した様子をレポートしようと思います。

 

f:id:liberty_residents:20201231190234j:plain

ヒルトン大阪

 

ヒルトン大阪は、JR大阪駅の駅前にあり、徒歩2分の近さです。また、阪神電車「梅田駅」や大阪メトロ四ツ橋線の「西梅田駅」より徒歩1分で、地下道で直結しているため、雨が降っても傘は不要で便利ですね。

 

ヒルトン大阪と大阪(伊丹)空港関西国際空港を結ぶリムジンバスが運行していて、関西国際空港からリムジンバスで65分、大阪(伊丹)空港から25分でアクセスできます。

 

f:id:liberty_residents:20201231190401j:plain

ヒルトン大阪 駐車場側

 

また、24時間営業駐車場もあり、300台収容可能ですが6,300円必要で、宿泊割引(30%割引)はありますが、大きな荷物などがない場合は、公共交通機関で行かれた方が便利かもしれません。

 

f:id:liberty_residents:20201231190440j:plain

ヒルトン大阪 ロビー

 

 チェックインの受付は駐車場側から入った方が近いです。

 

 

f:id:liberty_residents:20201231202753j:plain

ヒルトン大阪 部屋

 エグゼクティブフロアのエグゼクティブダブルルームにアップグレードしていただきました。

 

f:id:liberty_residents:20201231204726j:plain

ヒルトン大阪 客室

 

テレビが額縁のようになってますね。

部屋には加湿器もありました。

 

f:id:liberty_residents:20201231203932j:plain

ヒルトン大阪 バスルーム

ヒルトン大阪のバスタブは少し深めですね。

 

 

f:id:liberty_residents:20201231204026j:plain

ヒルトン大阪 シャワールーム

シャワーブースは独立したタイプです。

 

f:id:liberty_residents:20201231204121j:plain

ヒルトン大阪 洗面台

 

奥の黒い巾着にはドライヤーが入っています。

下には体重計も見えますね。

 

f:id:liberty_residents:20201231204302j:plain

ヒルトン大阪 アメニティ


歯ブラシやシャワーキャップ、コットンセット、カミソリは箱に入っています。


f:id:liberty_residents:20201231210228j:plain

ヒルトン大阪 エグゼクティブルームの備品

エグゼクティブルームにはネスプレッソマシンがあります。


f:id:liberty_residents:20201231210739j:plain

ヒルトン大阪 冷蔵庫

冷蔵庫にはドリンクがたくさん入っていました。

 

f:id:liberty_residents:20201231210940j:plain f:id:liberty_residents:20201231210900j:plain f:id:liberty_residents:20201231210841j:plain

一段目、二段目、三段目

 

f:id:liberty_residents:20201231211444j:plain

ヒルトン大阪 クローゼット

クローゼットの中にはバスローブとスリッパ、セキュリティーボックス、アイロンのほかにブラシと靴ベラがあります。

 

f:id:liberty_residents:20201231211807j:plain

ヒルトン大阪 パジャマ

ヒルトン大阪のパジャマです。

 

f:id:liberty_residents:20201231214557j:plain

ヒルトン大阪 ギフト

f:id:liberty_residents:20201231214804j:plain

ヒルトン大阪 ラスク

ヒルトン大阪ではウェルカムスイーツとして、和菓子とラスクが用意されていました。

 

次回はクラブラウンジについてレポートしますね。

 

 

ヒルトン大阪の情報

日本の情緒を取り入れたヒルトンフロア、斬新なデザイン空間のデラックスフロア、専用ラウンジを備えたエグゼクティブフロア、そしてスイートルームを含め客室は562室。

 

スタイリッシュな和の空間
「第二の我が家」と感じていただけるよう、新しい客室の床・家具には木を使用し、また、柔らかい緑の色合いと和風の花柄をあしらったカーペットが日本の落ち着いた空間を演出しています。他にも、ミニバースペースは漆塗りの箱をイメージしたシックな色合い。インテリアに使用された落ち着いたグリーンや小豆色などは、日本の着物や織物などに使われてきたやさしい色を基調にしています。また、新しいダブルの部屋には、足を伸ばしながら窓の外を眺めていただけるソファーを設置し、心を落ち着ける場所となっております。


ヒルトン大阪の宿泊者特典

ヒルトン大阪にご宿泊いただきますと、外光を取り入れた屋内プール、最新スポーツ器具を揃えたジム、サウナが無料でご利用いただけます。
しかも、チェックインからチェックアウトまで何度でもご利用可能!
※水着、フィットネスシューズなどはリース料を頂戴いたします。

 

ヒルトン大阪のインフォメーション

■チェックイン 15:00

■チェックアウト 12:00

■電車でのアクセス
・JR「大阪駅」より徒歩2分
・JR「新大阪駅」より東海道山陽本線(神戸方面)「大阪駅」下車、徒歩2分
阪神電車「大阪梅田駅」より徒歩1分
阪急電車「大阪梅田駅」より徒歩7分
・大阪メトロ四つ橋線西梅田駅」より徒歩1分
御堂筋線「梅田駅」より徒歩5分

■空港バスでのアクセス
・大阪空港よりホテル前まで25分 
関西国際空港よりホテル玄関前まで65分

■駐車場のご案内・24時間営業
・地下2階〜4階 300台収容。(高さ2.5mまで)
・一般駐車:350円/30分毎 (9時間まで)、6,300円(9時間以上24時間まで定額)
※出入庫毎に料金がかかります。

 

 

 

 

 

 

モクシー大阪新梅田の宿泊記④ インタビュー編

モクシー大阪新梅田の宿泊記④ インタビュー編

 

こんにちは。

 

プラチナレジデンツです。

 

前回はモクシー大阪新梅田お部屋朝食その他の設備ついてレポートしましたね。

 

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

今回はモクシー大阪新梅田のホテルの方に、インタビューした内容をご紹介しようと思います。

 

モクシー大阪新梅田では、オペレーションマネージャーの佐中さんにお話をお伺いしました。

 

 モクシー大阪新梅田は最近のオープンですよね。

「9月1日のオープンですね。」

 

元々はどういうコンセプトのホテルになりますか?

「いわゆる、ライフスタイルブランドというような感じで、世代としてはミレニアル世代という20代後半から30代前後がターゲットになります。

 

ライフスタイルブランドですかぁ。

「今までの既存のホテルですと、1階にフロントとロビーがあって、レストランが奥の方にあるか、違う階、最上階などにあってという感じだと思いますが、それよりはもっとフレンドリーでカジュアルな、そういう若い世代がホテルの中で自由に時間を過ごしていただきたいということで、ご覧の通り、バーカウンターの一部がフロントカウンターになっています。」

確かにそうなってますね。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230442j:plain

モクシー大阪新梅田 フロントとバーカウンター


 

「モクシーでは元々、チェックインの時にウェルカムドリンクのオファーをさせていただいたりするんですけど、フロントカウンターのすぐ後ろがバーカウンターになっているので、オーダーしたらすぐにフロントカウンターからドリンクが提供できます。」 

それは便利ですね。

 

「お部屋も見ていただいたらわかるんですが、ミニバーとして、ペットボトルが2,3本入るくらいの小さな冷蔵庫が壁についているんですが、自由に過ごしていただいて、部屋がつまらなくなったら、バーに降りてきてください。

 

ここは本当に皆さんの遊び場と言うか、楽しんでいただく、自由なフリーなスペースとしてご提供できるように、バーも24時間、ご宿泊の方が利用できるように考えているんです。」 

そうなんですね。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024141744j:plain

モクシー大阪新梅田 部屋の冷蔵庫

 

「フロントのスタッフというよりは、フロントのスタッフがバーの仕事もできるというのが、モクシーブランドの一つの大きな一番のコンセプトにもなります。

 

いわゆる、マルチタスクで仕事をこなすという、フロントのレセプショニストでありながら、バーテンダーでもあり、キッチンのコックのスタッフでもあるという、フロントにいながら、カクテルが作れて、何ならハンバーガーも焼けるというのが、モクシー大阪新梅田の一番の強みですね。」 

そういう特徴があるんですね。

 

「特に、このモクシーというブランドは既存のオフィスビルなどがあって、そこをリブランドしたりして、ホテルに作り替えていくというホテルブランドだったんです。

 

日本での1号、2号のモクシー東京錦糸町とモクシー大阪本町の2軒は従来通りのコンセプトで、しっかりとオフィスビルを作り変えて、すごくモクシーらしいブランドになってるんですけど、ここはもともとビルがあったんですけど、一旦、そのビルを崩して、一からこのビルをデザインしていただいているので、他の2軒よりも、もしかしたら、こういうロビーエリアモクシーのコンセプトがもっとはっきりと表れてるのかなって言う感じではありますね。」

なるほど、モクシー大阪新梅田は一からデザインされてるんですね。

 

「ここが、福島という大阪の中でも面白いエリアでして、もともと松下幸之助さんが創業したのが、この福島の隣の野田に近いエリアになるんですけど、この辺りも工業が有名な地域であったということも伺ってました。

そういうところで、あちこちにモチーフとして、機械的なオブジェであったりとか、歯車とかチェーンとかいうデザインのオブジェとかが置いてあるんですけど、エレベーターホールにも電気のコードなんかが壁に付けてあったりとか、そういったものもこの辺りが工業として発展していた時代を何かで表現できないかということで、デザイナーさんが設置してくださいました。


向こう側の壁の一面に、ちょっとみると車のパーツみたいなのが一杯付いているところがあるんですけど、あそこも非常に大きなプラモデルをイメージしていて、全部のパーツが揃っているかはわからないですが、昔のダイハツの「ミゼット」が出来上がるようなデザインになっています。そういう機械的な部分もデザインの中には含まれています。」

なかなかユニークな発想ですね。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230536j:plain

モクシー大阪新梅田 プラモデルのパーツ?

 

本当はもう少し緑の植栽とかあっても良いんですけど、逆にちょっと工業的なイメージがあるので、本当の緑っていうのは置かずに、ああいうボタニカルでちょっとイミテーションのものを置くことによって、表現しています。

 

本当にいろんなところに遊びの要素があって、何か面白いことを見つける人たち、そういう世代にこのブランドを使っていただきたいというイメージです。」

確かに遊び心が満載されてるようですね。(笑)

 

「このホテルの作りとしては、1階、2階が共有部分となってまして、3階から上が客室になってますので、この1階も、4つの大きなエリアに分かれてるんです。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230346j:plain

モクシー大阪新梅田 ゾーン1

 

ここがゾーン1というところでライブラリーゾーンという位置づけになっていまして、静かでお仕事がしやすいようなスペースになっています。

なので、スピーカーなんかもこのエリアはちょっと少なく設置されていまして、他の部分よりもちょっとBGMが届きにくいエリアになっています。

で、机の下とかにすべて、コンセントなどが設置されていて、お仕事がしやすいような作りになっています。

それと、Wi-Fiも無料で飛んでいますので、Wi-Fiと電源は常に確保できるような位置づけですね。

ここも、少し高いカウンターになっていますけど、本当は昔のホテルで言うビジネスセンターのようなパソコンとプリンターを置いて、ここでもお仕事が出来るようにというスペースなんですね。

ただ、今はこういう時期ですので、多くの方が触れるような共用のものは置けていないんですが。。。

こういう、向こうが見えるような仕切りでエリア分けをしています。」

確かにBGMが他よりも少し控えめな気がしますね。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230417j:plain

モクシー大阪新梅田 ゾーン2

 

「この真ん中のところは、所謂、フロント前のロビーとして、我々のカテゴリーのゾーンとしてはウェルカムのゾーンとしてこの部分があります。

ちょうど、ゲストが入ってきたときに、チェックインの待ち時間であったり、一旦、ちょっと寛いでいただけたり、お待ち合わせであったりとか共有いただけるゾーン2というのがウェルカムのゾーンになります。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230442j:plain

モクシー大阪新梅田 ゾーン3

 

そして、3つ目のゾーンが、一番メインのバーカウンターのところになってます、バーのゾーンになります。

あそこは本当に基本的に24時間の営業で、24時間営業が出来るのも、フロントに立っているクルーがお酒を提供できたりとか、そういったスキルを持っているので可能なことなのかなぁと思います。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230519j:plain

モクシー大阪新梅田 ゾーン4


一番奥のゾーンが4つ目のゾーンになり、ラウンジのゾーンになります。まぁ、皆さん、自由にお持ちになっているのは、フリーに開放しているので、全然良いんですけど、基本的に我々が提供できるご飲食のスペースは、バーから向こうのエリアという形になります。」

 

朝も結構、向こうから席が埋まって行って、こちらに移動してくる人が多いようですね。

基本的には行政の関係で、どういう風に許可が取れるかというのがあって、こちら側は基本的に、我々がサービスを提供できないエリアになってくるんですね。

どうしても、フロントのロビーを挟むので一般の外来からのお客様が行き来するエリアを挟んでの飲食許可というのが、なかなかちょっと難しいみたいで。

ただ、飲食店の営業という場所ではないので、ゲストの方がトレーで運んで来られて、お召し上がりいただくというのは、ここはフリーに使っていただく、お客様に対して場所としては、提供できるスペースでありたいと思っています。」

 

 

24時間営業のバーってホテルでもあまりないですよね。「そうですね。カフェの利用もできますし。コーヒーマシンも置いてますので、お泊りの方でしたら、いつでもコーヒーを飲みに来てもらっても良いですし。

その時に必ずスタッフがいますので、ちょっとしたお話相手にもなれますし。

できれば、この場所で皆さん、集まっていただきて、ここを楽しい盛り上がる場にしていただけたらなぁというのが、モクシー大阪新梅田のホテルの在り方ですね。

その分、お部屋の中は非常にコンパクトに設計されてまして、そんなに使う用途がないものは、イスも1泊のコンパクトな荷物の方であれば、ラゲッジの台すらも要らないかも、というようなものは、すべて壁に掛けさせていただいています。」

 

f:id:liberty_residents:20201024140535j:plain

モクシー大阪新梅田 部屋の壁

 

確かにすべて壁に掛けることで、部屋のスペースを確保してる感じですよね。全部出すと、スーツケースを広げるスペースも難しいような。。。

「必要な方は出していただいて、どちらかというと長期滞在でも、若い方でスーツケースに着替えをたくさん詰め込むよりは、少ない数を洗濯して過ごしたいという方は2階のジムの向かい側にコインランドリーを設置してますので、そういったものもご利用いただけます。」

 

f:id:liberty_residents:20201024225134j:plain

モクシー大阪新梅田 コインランドリー

部屋でくつろぐより、ここで過ごすイメージなんですかね。

「そうですね。ここに来て過ごしていただけると、非常に嬉しいですね。もちろん、部屋にも必要最低限のものはご準備しているので、おくつろぎいただくスペースとしては大丈夫だとは思っていますが。」

 

それで、コーヒーとかも、部屋に持ち帰り用のカップとかは置いてないんですね。基本はここで飲むということですかね。

「言っていただければ、持ち帰り用のカップも用意していますので、お部屋でもおくつろぎいただけるのではないかと思います。」

 

 

部屋にポットがあるけど、カップがないなぁと思ってたんですよ。

「そうですね。もともと計画段階では海外の方向けで、バーなども利用されずに、部屋でカップラーメンを食べるような層もターゲットにしていたこともありまして、本当はあのバーカウンターの向こうにちょっとコンビニみたいなスペースがありまして、そこに東京なんかではカップラーメンをズラーっと積んでたりとか、まぁ、そういうのも良いかどうかという判断はあるかと思いますが、非常に売れ行きは良かったと聞いてます。

ただ、モクシー大阪新梅田は他のモクシーとは違って、もう少しフードに力を入れたいというのがありましたので、カップラーメンを置くよりは、今のことろはまだスタートしたばかりですが、ちょっと「うどん」でも提供しようかとか、行く行くはラーメンを提供してみようかとか、スパゲティを食べたいという人がいるのかも、ということで準備をしているところではあります。」

 

f:id:liberty_residents:20201024141004j:plain

モクシー大阪新梅田 部屋のポット

 

そういえば、ポケ丼ってあんまりこの辺りでは見ないんですけど、あれはどこからの発想なんですか?

「ウチのキャプテンが非常に興味を示したものがありまして、ちょっとチャレンジしてみないかと提案いただいたので。

まだ、関西ではあんまり見ないですよね。ハワイ料理っていうのはありますけどね。

ちょっとヘルシーさも訴えたいというところと、アレンジも意外としやすいのと、意外と何を乗せても良い、みたいなところもありますので。

あまり、決まったスタイルがないので、柔軟な発想で作れるので、そういったものをどんどん取り入れていきたいなと思っています。」

 

f:id:liberty_residents:20201024215031j:plain

モクシー大阪新梅田 ポケ丼

アメリカではけっこう人気のメニューみたいですね。

「そうですね。日本的な要素のあるものは、けっこう海外ではウケますね。シーフードだけだと、海鮮丼と変わらないので、サラダやちょっと違うものを付け加えるだけで、ソースも醤油とワサビという日本人には安心感がありますけど、オリジナルなソースを作ってみたりとかで、味のバリエーションも増えたりとかしますね。」

 

今のポケ丼は何か検討して決まった感じなんですか?

「そうですね。他のポケというスタイルで出しているお店も何軒か見させていただいて、本当はもっと余裕があれば、ゲストの方が好きなようにトッピングを選んでいただいてというのも考えていたんですけど、今はスタッフの余裕もありませんし、モクシー大阪新梅田として、美味しいと思う具材と盛り付けで提案してみようかという感じで始まってます。

シーフードだけでなく、ローストビーフを載せてみても良いですし、いわゆる、ベジタブルのポケ丼というのも、本当に野菜が乗ってるだけじゃなくて、大豆から作ったお肉というソイミートというのが乗ってたり、ベジタリアンの方でも召し上がっていただけるようなスタイルにしています。

 

ソイミートですかぁ!

「ソイミートも試食してみたんですけど、唐揚げのようなしっかりとした食感で、唐揚げのような味付けにすれば、しっかりとボリューム感もありますし、なかなか面白い食材かなぁと思いますね。」

気になる食材ですね。(笑)

 

「このラウンジのエリアは広い空間があるので、真ん中のゲームは移動できるような設営になってまして、今後、状況が落ち着いてくれば、イベントスペースなんかにも使えるかなぁという感じです。

ミラーボールDJコントローラーと繋ぐことが出来まして、音楽のイベントであったりとか、意外と何でもできるのかなぁという感じです。

ただ、今のところ、ホテルが主宰をして集客をすると、今の状況ですと、何かあった時に近隣の皆様をはじめ、ご迷惑をおかけすることになるかと思うので、今のところは自粛をしている状況ですね。」
 

 

お客様というのは宿泊客以外の方も多いんですか?

「外来の方も非常にたくさん来ていただいてます。特に近隣の方のご来館が多いという印象です。」

 

それは、ランチの利用が多いということでしょうか?それともバーの利用ですか?

「どちらも多いですし、特に週末ですと朝食なんかも利用いただいてます。」

 

そうなんですね。宿泊の方はビジネスで利用される方より、観光の方が多いんですか?

「今のところビジネスの方が多いですよ。ご年配の方はバスタブが欲しいというご意見もいただきますけど、ビジネスの出張で来られる方でも20代、30代の方には意外とフィットされているようですね。

自分の時間を自由に使いたいという方には過ごしやすいホテルなんじゃないかなぁと思いますね。」

 

こういう状況で海外の方が来にくくなった今、どういったお客様に来ていただきたいですか?

「ビジネスの方もそうですが、国内のレジャーの方もUSJへのアクセスも良いですし、梅田も近いですからアクセスとしては動きやすいところにありますし、繁華街から少し離れているので、夜は静かにお休みいただけますし、良い立地だと思いますね。

梅田の北ヤードの工事が終われば、かなり近くまで開発される予定になってますので、梅田まで徒歩5分くらいの感覚になるんじゃないかと思ってます。

そうなると少し人の流れも変わってくるんじゃないかなぁと思ってますね。

福島は南側がけっこう栄えていて、飲食店なんかも面白いお店も多く賑わっているので、これから北の方も開発されれば、梅田まで広がって面白いエリアになると期待しています。」

 

実際に始まってみて、思っていたのとはちょっと違ったところとかってありますか?

「んー、比較的、思っていた感じですけど、フードコートみたいなシステムになっているので、ご注文はあちらでしていただいて、ご返却もあちらに、というシステムなんですけど、ご近隣の方とかホテルということもあってか、システムを理解されていないで、そのまま返却されないこともありますね。」

 

朝食の時に思ったんですけど、注文の時に、「返却はこちらへ」という案内があれば、浸透するかもしれませんが、ホテルなんだし片付けてくれるものと思っている人もいるかもしれませんね。

「その辺りはスタッフによって、バラつきがあるかもしれませんね。

コンセプトとして、ちょっと冗談っぽく、「片付けてくれたら嬉しいなぁ」というお願いはしてるんですけど。(笑)」

 

f:id:liberty_residents:20201024144709j:plain

モクシー大阪新梅田 お願いマスコット

 

そうなんですね。シャレっぽく、押しつけがましくなくですね。(笑)

「例えば、モクシーでは『故障中」ではなく、『ちょっと休暇を取ってます』というようなワードでユーモアのセンスを随所に入れています。(笑)」

 

そういえば、メッセージは英語で書いてあることが多いようですが、日本の年配の方にとっては解り難いのかなぁという気もするんが?

「どうしても、日本語のワードにするとけっこうキツめの言葉になったりする部分もあって、我々としてはもう少し関西弁なんかも有効に使っても良いんじゃないかと思ってるんですが、差し当たっては、きつい内容もソフトに伝えられるようにと、英語を使っている部分もあります。」

 

f:id:liberty_residents:20201024230050j:plain

モクシー大阪新梅田 英語のメッセージ

 

確か、コインランドリーの説明も英語しかなかったようなんですが、日本人は説明しなくてもわかるというのがあるんですかね?

「基本的に、そういうところもありまして、お部屋のガイドも空調の説明は英語しか書いてないはずなんですね。

それも、日本人の方ならリモコンを見れば、だいたいお分かりいただけるというのと、パネルに日本語しか書いてないので、海外の方はやっぱり説明がないと使えなかったりするので、英語でのご説明が多い部分はあるかもしれませんね。」

 

f:id:liberty_residents:20201024225153j:plain

モクシー大阪新梅田 英語の案内

そういえば、ここはお部屋にインフォメーションと言うか説明書きのような冊子とかはないんですね。

「基本的にお部屋に入って、電気を付けていただいたら、テレビがついてると思うんですけど、その画面にホテルの案内表示が出るようになってまして、冊子があっても良いのかもしれませんが、置くスペースもあまりないですし、これからはデジタル化も進んでいくでしょうし、そういうところはスリム化していく傾向にはありますね。」

 

実は、目覚まし時計の設定が良くわからなかったんですよ。(笑)

「そうですよね。お電話でも設定はできるんですけど、スタッフに言っていただければ、その時間に電話が鳴るような設定にさせていただきますので。」

 

あの時計もアンティークな感じですけど、このホテルのコンセプトとして選んだものなんですか?

「モクシーブランドのスタンダードで指定されているような、アンティークなスタイルの電話というのが客室のスタンダードになります。」

 

f:id:liberty_residents:20201024141451j:plain

モクシー大阪新梅田 アンティークな電話

 

他に何か「モクシー大阪新梅田ならでは」というものはありますか?

「関西の方がデザインされたわけじゃないので、天井のオブジェは照明なんですけど、タコをイメージされていて、タコがたこ焼きを追いかけているような感じですね。

やはり大阪と言えば、タコ、タコ焼きじゃないですかっていうイメージみたいですね。(笑)

この照明も夕方のある一定の時間だけなんですけど、色が変わって行ったりするんです。そこらへんも遊び心ですね。」

 

f:id:liberty_residents:20201024230816j:plain

モクシー大阪新梅田 タコとタコ焼きのオブジェ

 

それは、言われないとなかなか気づかないかもしれませんね。

「この照明自体も実際は、「ねぶた祭り」のねぶたの職人さんたちが作るということで、本当は和紙で設計されてたんですけど、実際に和紙にすると火災の恐れですとかあって、照明に使えないんですね。

それで、和紙に近い素材で、という風には聞いています。」

 

海外からの観光客はまだ、来られないと思いますが、GoToトラベルの恩恵とかはありますか?

「そうですね。多少は忙しくさせていただいていますが、ラグジュアリーホテルが80から90%の稼働率と聞いていますので、まだまだ、これからでしょうね。」

 

これから価格帯なことも考えると狙いは国内のビジ

ネス客ということになりますか?

「そうですね。そういったところもこれからターゲットにしていきたいと思いますし、レジャーの方も動きが出てくるんじゃないかと見ています。」

 

モクシー大阪新梅田はどちらかというと、ファミリー向けというよりも、個人やカップル向けという感じでしょうか?

「そうですね。もちろん、ご家族でもご利用いただけますけれども、若いビジネスの方とか、カップルできていただいたりとか、そういった需要があれば、もう少し賑わってくるんじゃないかと思いますけどね。

若いカップルの方ですと、ロビーでゲームを楽しんでいただいたりとかした後に、お部屋で休まれるというスタンスで遊んでいただいてますので、我々の希望に沿った遊び方をしていただいていると思います。」

 

昨日の夜も、けっこう遅い時間まで、ロビーは多くの人で賑わってましたね。

「そうですね。あの中もけっこう近隣の方も来ていただいていて、我々も飽きられないように、いろんな仕掛けを提供できれば、面白いかなぁと思っています。」

 

具体的には何か考えてますか?

「ただ、まぁ、イベントというイベントは今はちょっと計画すらしにくい状況なので、いろんなランチをリピートしていただくために週替わりであったり、月替わりのメニューのご提案であったりとか、夜でも立ち寄っていただいているので、夜は皆さん、お酒を飲むだけなのかなぁと考えると、夜のカフェ的な利用であったりとか、そういったものも何かご提案できればなぁと考えています。」

 

他に何か読者の方にお伝えしたいこととかありますか?

「どうでしょう。モクシーとしては3男坊なんですけど、我々の競合するようなところは、まだ、ソウルとインドネシアと日本とこの間台湾に1軒と、まだ6軒くらいなんですね。

来年、京都の2条にもモクシーが予定されてますし、これから、どんどんこういったライフスタイルをうっていくようなブランドも増えていくとは思います。

 

つい、先日、東京の方にもアロフト銀座という我々のグループのブランドホテルがオープンしたんですけど、我々のグループ内では同じカテゴリーに属するちょっととんがった感じの新しいホテルで銀座にオープンしたので、ちょっとゴージャスな感じはあるんですけども、非常によく似たブランドで我々もグループ内で仲良くさせてもらっているスタッフも多いので、楽しみにしています。

私も拝見させてもらって、凄くカッコよくできてますし、本当に面白い、凄くカッコいいブランドですね。

なかなか日本になかった分、これからどうやって体現するのか、難しいのかなぁとは思いますけど、すごく応援したくなりますね。

そういうブランドが、我々マリオットグループだけじゃなく、他のグループホテルからもどんどん出てくると思いますので、競争ばっかりしてもアレなんですが、負けず劣らず、若い世代がホテルって面白いんだなぁと改めてわかっていただけるような、そういう場であればいいかなぁと思います。

 

ホテルって意外と気楽に遊べる場所なんだなぁっていうところで、いずれ歳を重ねていくうちに我々のラグジュアリーブランドも利用いただけるようになっていただければ、非常にありがたいかなぁと思います。」

 

ここは本当にスタッフのユニフォームもカジュアルですよね。

「はい、本当にTシャツとジーンズでやってます。」

 

クルーって書いてないと、どなたがスタッフかわからない感じですよね。

「近隣の方でフラッと入って来られるときも、「ここはバーか?」って入ってくるくらいの方が多い感じで、入り口としてはすごく入りやすいのかなぁと思います。この辺は窓も開放されてますし。」

 

f:id:liberty_residents:20201024230346j:plain

モクシー大阪新梅田 開放的な窓

 

ここはけっこう緑も多いですよね。

「そうですね。こういうビルディングを立てるにあたってはオーナー様の配慮もありまして、すぐ横も大きな公園がありますし、少し緑を挟むことによって若干の目隠しにもなりつつ、環境にも多少なりとも寄与できるようなことも考えています。」

 

いろいろ考えて作られたホテルなんですね。

お忙しいところ、お時間をいただきまして、ありがとうございました。

 

 2020年10月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モクシー大阪新梅田の宿泊記③ 設備編

モクシー大阪新梅田の宿泊記③ 設備編

 

こんにちは。

 

プラチナレジデンツです。

 

前回はモクシー大阪新梅田お部屋朝食について、レポートしましたね。 

 

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

platinum-residents.hateblo.jp

 

モクシー大阪新梅田にはクラブラウンジはありませんので、ホテルの設備についてレポートしようと思います。

 

 

フィットネス

 

まずは、運動できるスポーツジムについて、お知らせします。

 

f:id:liberty_residents:20201024225223j:plain

モクシー大阪新梅田 フィットネス

 フィットネスセンターは2階にあります

部屋のカードをかざして入ることができますよ。

 

f:id:liberty_residents:20201024225401j:plain

モクシー大阪新梅田 フィットネス バイク

 バイクはかなり本格的です。

 

f:id:liberty_residents:20201024225447j:plain

モクシー大阪新梅田 フィットネス マシン

それほど広くはないですが、一通り揃っている感じです。

 

 

 

コインランドリー

 フィットネスセンターがある2階にはコインランドリーもありますよ。

 

f:id:liberty_residents:20201024225134j:plain

モクシー大阪新梅田 コインランドリー

まだ、新しくてピカピカですね。

 

f:id:liberty_residents:20201024225153j:plain

モクシー大阪新梅田 コインランドリーの説明

 そして、説明書きは英語です。。。

やっぱり、モクシーは英語表記が多いですね。

 

 

ダイニング

 ダイニングは1階にありますが、バーやラウンジ、ロビーも兼ねています。

その場所ごとにテイストに違いがあって、面白いですよ。

その日の気分で、くつろげる場所を探してみるのも良いかもしれませんね。

 

f:id:liberty_residents:20201024230442j:plain

入り口を入ってすぐの受付とバーカウンターです。

あまり、ホテルの受付っぽくないですね。(笑)

 

f:id:liberty_residents:20201024230417j:plain

けっこう、広いスペースなので、それほど、混雑しなさそうです。

 

f:id:liberty_residents:20201024230158j:plain

 

f:id:liberty_residents:20201024230324j:plain

2階に見えているのは、スポーツジムです。

奥の席ではテレビが見られますが、音はなりません。

 

 

f:id:liberty_residents:20201024230458j:plain

 

f:id:liberty_residents:20201024230519j:plain

大きな窓に面したテーブルも開放感があっていいですね。

 

f:id:liberty_residents:20201024230536j:plain

壁のインテリアも特徴がありますね。

 

f:id:liberty_residents:20201024230615j:plain

置物もなんとも個性的ですが、ちゃんとコンセントもありますよ。

 

f:id:liberty_residents:20201024230629j:plain

テラス席も気持ちが良いですが、虫の季節には要注意です。(笑)

 

f:id:liberty_residents:20201024144709j:plain

テーブルの上にはさりげなく、大阪らしいものが。(笑)

 

 

 

その他の設備

 1階の飲食カウンター前

 

f:id:liberty_residents:20201024230725j:plain

 

f:id:liberty_residents:20201024230738j:plain

ソフトドリンクやアルコールの他に、アイスクリームも売っています。

 

 

危険ゾーン発見!

f:id:liberty_residents:20201024230050j:plain

エレベーター横の秘密基地の入り口?

 

お待ちかねの1階のトイレです。

f:id:liberty_residents:20201024225753j:plain

男性はタコ?

 

f:id:liberty_residents:20201024225819j:plain

女性は鳥?と思ったら、やっぱりタコでした。(笑)

手を洗うところは男女共有となっています。鏡の装飾として、大きな歯車がインパクトがありますね。

 

 

 【フィットネスセンター
営業時間: 24時間

 

コインランドリー
営業時間: 24時間